Lilabo

世のデスクワーカーの生活の質をシフトしたい

「YouTubeに動画をアップロードしたのに処理が終わらない」は気長に待つしかない

「えっ?いつまで動画の処理してるの?」って思えるくらいにYouTubeにアップした動画の処理がいつまでたっても終わらないなんてことないですか?

特にHDバージョン処理の時。

結果から言うと、

あせらず気長に待ちましょう。

f:id:Mnaka:20211028090524j:plain

安いアドバイスでガッカリした人もいてるかと思いますが、ホンマに焦らず待つしかないのが現状です。

というのも、自分もゲーム実況をアップロードしてますが、半日ほど経っても「HDの処理中です」から進まないことが度々あるんですよ。

で、先日コールオブデューティーの動画を上げてみたら全然処理が終わらないってことがありました。

動画処理の待機画面

上の画像のように”HDバージョンを処理しています”という表示のまま、一日経ってもHDバージョンの処理が終わらず、
二日後に確認してみても処理が終わっていませんでした。

ごうを煮やして、処理中のスクリーンショットをYouTubeに送って理由を聞こうとしましたが、YouTube側からは問い合わせに対するレスポンスがなく、考えるのもめんどっちいなと思ったので放置しました。

もしかしたら、盾をもらえるようなクリエイターならすぐにレスポンスがあるのかもしれませんが、登録者数人のような超弱小クリエイターには何のレスもないです。

それはさておき、放置することさらに2日

動画の状況を再度確認したら、処理がちゃんと終わっていました!

どのタイミングで終わっていたかは残念ながら全くわかりません。

30代後半からFPSに参戦。練習方法と成長結果 - Lilabo

というわけで、処理がなかなか終わらないは、気長に待つしかないです

処理が終わらないのは、どうやらYouTube側での動画処理の問題らしいので、とりあえず果報は寝て待ちましょう。

ちなみに、SD処理までが終わっていればとりあえずはYouTube上でのステータスは公開状態なので誰でも動画を見ることができます。

最近は、ショート動画も人気ですね。
1分以内の動画であればショート動画としてアップロードできるのでお手軽。
ただ、ネットにはアップロード方法は出ていても、アップロードしてもYouTubeがショート動画として認識してくれないときの対処法が出ていませんでした。

なので、自分でいろいろ試してショート動画として上げれない理由5ポイントをまとめておきました。
YouTubeショート動画が投稿できない原因|5選 - Lilabo

一度削除してアップロードしなおした方がいいパターン

ただ、やはりアップロードしなおした方がいいパターンというのもあります。

それは、SD処理さえ終わらないときです。

youtubeのアップロード保留画面

アップロードが終わっても、上の画面みたいに「まもなく処理が始まります」から動かないようなら動画の処理がどっかのタイミングでエラーを起こした可能性があります。

こういう場合は、一度動画を削除しアップロードし直した方が良いでしょう。

ちょっと長めの動画なら再度アップロードするのに時間がかかるかもしれませんが、延々と待つよりはよいかと思います。

他にはYouTubeのルールから外れてる場合も、アップロードできなかったり時間かかったりします。
動画のアップロード処理が進まない - YouTube ヘルプ

というわけで、もし動画をYouTubeにアップロードしてもHD処理がなかなか終わらないということがあれば、いったん動画をアップしたことは忘れてしばらくしてから確認してみてください。

おそらく果報が来てるはずです。

来てなかったからごめんなさい。

おすすめ動画編集ソフト
今回記事途中に載せたゲーム動画はPowerDirector という動画編集ソフトを使用しています。
YouTube動画を作るのに初めて動画編集に挑戦しましたが、操作にはすぐに慣れたので初心者でも使いやすいという印象です。
サブスクなら有料のShatterStock素材が使用できるようなので、ブログやってる人にはわかると思いますが、これめっちゃお得。

公式HPから体験版をダウンロードして試してみたら、現在私が使用しているバージョンよりも動作がめっちゃ軽くてちょっと感動しました。
もし、動画編集ソフトでどれを使えばいいかとずっと悩んでるなら、まずは体験版をダウンロードして試すといいですよ。
悩んでる時間がもったいない。

メール登録などめんどくさいことをせずに、『無料体験版』をクリックするだけで使えます。
公式HPで体験版を試す

注意点は、無料版だと透過ロゴ付き書き出しになるので、がっつり動画編集せず使い心地だけ確認してくださいね。

ちなみに私はキャプチャーボードに無料でついていたPowerDirectorを使用しています。
ゲーム配信を考えているならこのキャプチャーボードでゲーム録画・動画編集まで完結します。